IRUD研究成果

解析数と結果
(過去3年間/2019年9月集計時点)

1) IRUDへの全エクソンシークエンス解析依頼数

検体数
(人)
13289
家系数
 
4658
解析済み
家系(A)
3634

2) 解析済み家系(A)の内訳

解析済み家系(A)
3634
 
[ 内訳 ]
診断未確定
2168
うち443家系は新規疾患疑い (N of 1)※
※ N of 1:疾患候補遺伝子は同定されたが、一家系のみなので確定できない
診断確定
1593(B)
うち35家系は新規疾患

3) 診断確定(B)の内訳

診断確定(B)の内訳
Orphanet関連遺伝子
IRUD 診断数
指定難病331疾患を起こす原因遺伝子数:714
(ミトコンドリアは除く)
947
オーファンネットに収載されている希少難病の疾患原因遺伝子数 : 3984
(ミトコンドリアは除く)
1368
オーファンネットに収載されている希少難病の疾患原因遺伝子のうち
日本の指定難病の原因遺伝子を除いた遺伝子数 : 3201
646

実績

主な新規原因遺伝子の発見(2020年5月8日現在 publish されたもの)

疾患
担当解析センター
遺伝子
文献
無巨核球性血小板減少症を伴う橈尺骨癒合症
東北大学
(IRUDの業績として公表)
EVI1
Niihori T et al. Am J Hum Genet. 2015;97(6):848-54
Hydranencephaly-like severe form of cortical dysgenesis
慶應義塾大学
(IRUDの業績として公表)
TUBA1A
Yokoi S et al. Sci Rep 2015;5:15165
Schimmelpenning-Feuerstein-Mims 症候群
東北大学
(IRUDの業績として公表)
BRAF
Watanabe Y et al. Am J Med Genet A. 2016 Jan;170A(1):189-94.
Intellectual disability with seizures and hypotonia
横浜市立大学
(IRUDの業績として公表)
PIGG
Makrythanasis P et al. Am J Hum Genet 2016: 98: 615-626.
Overlap with Coffin–Siris Syndrome
横浜市立大学
SMARCA2
Miyake N et al., Am J Med Genet A.2016 170(10):2662-2670
West syndrome
横浜市立大学
(IRUDの業績として公表・既知遺伝子の新たな表現型)
WDR45
Nakashima M et al. J. Hum Genet.2016 61(7):653-661
Pontocerebellar hypoplasia
横浜市立大学
TOE1
Lardelli RM et al. Nat Genet. 2017 49(3):457-464
Bosma arhinia microphthalmia syndrome
国立成育医療研究センター・長崎大学
(IRUDの業績として公表)
SMCHD1
Shaw ND et al. Nat Genet. 2017 Feb; 49(2): 238-248.
難治性てんかんと多発奇形症候群の異なる2疾患(異なる変異部位で別々に発症)
横浜市立大学
(既知遺伝子の新たな表現型)
PPP3CA
Mizuguchi T et al. Hum Mol Genet. 2018 Apr 15;27(8):1421-1433
ステロイドに反応を示す一次性ネフローゼ症候群(指定難病222)
東北大学
(日本からは1家系(ITSN2:新規))
ITSN1, ITSN2, DLC1, MAGL2, CDK20, TNS2
Ashraf S, Kudo H et al., Nat Commun 2018;9(1):1960
新規ガラクトース血症(type IV galactosemia)
東北大学
GALM
Wada et al., Genet Med. (in press)
痙性対麻痺、知的障害、脳形成異常を持つ新規奇形症候群
東北大小児科・成育医療研究センター、横浜市大および東北大学際研(IRUD-beyond)の共同研究
MAPK8IP3
Iwasawa S et al. Ann Neurol. 2019 Jun;85(6):927-933
West Syndrome
横浜市立大学(既知遺伝子の新たな表現型)
FGF12重複
Oda Y et al.  J Hum Genet. 2019 Oct;64(10):1005-1014
Noonan症候群
横浜市立大学、東北大学とのマッチング
RRAS2
Niihori T et al. Am J Hum Genet. 2019 Jun 6;104(6):1233-1240
知的障害を伴う乳幼児てんかん
慶應義塾大学,IRUD-Exchangeでマッチング、IRUD-Beyondで確定 (IRUDの業績として公表)
NSF
Suzuki H et al, Ann Clin Transl Neurol. 2019 Nov;6(11):2334-2339
知的障害を伴う特異顔貌
慶應義塾大学
CNOT2
Uehara T et al, Am J Med Genet A. 2019 Dec;179(12):2506-2509
肝内胆汁鬱滞
慶應義塾大学
LSR
Uehara T et al, J Pediatr. 2020 Apr 14. pii: S0022-3476(20)30137-2
知的障害、てんかん、自閉症
成育医療研究センター、浜松医科大学
SETD1B
Hiraide T et. al 2018 Hum Genet. 137(1):95-104.
Cole-Carpenter Syndrome
成育医療研究センター(既知遺伝子の新たな表現型)
SEC24D
Takeyari S et. al. 2018 Am J Med Genet A. 176(12):2882-2886
Severe apnea and sick sinus syndrome
成育医療研究センター(既知遺伝子の新たな表現型)
MECP2
Shioda T et. Al. 2018 Brain Dev.40(8):714-71
Early childhood-onset type 1B diabetes
成育医療研究センター、浜松医科大学(既知遺伝子の新たな表現型)
KLF11
Ushijima K et. al. 2019 Pediatr Diabetes. 20(6):712-719
Global developmental delay with seizures
成育医療研究センター、浜松医科大学(既知遺伝子の新たな表現型)
CSNK2A1 and CSNK2B
Nakashima M et. al. 2019 J Hum Genet. 64(4):313-322
OFD syndrome
慶應義塾大学(既知遺伝子の新たな表現型)
IFT172
Yamada M et al. Am J Med Genet A. 2019 Dec;179(12):2510-2513.

未診断患者における新規疾患概念の確立

疾患
担当解析センター
原因遺伝子/変異・疾患概念
Takenouchi-Kosaki syndrome
慶應義塾大学
(IRUDの業績として公表)
巨大血小板減少症と精神遅滞症候群のphenotypeおよびCDC42のgenotypeをもつ複数の家系を見いだし、新規疾患として報告した。(Takenouchi T. Et al. Am J Med Genet, 2015; 167A: 2822-2825)
Kosaki Overgrowth syndrome
慶應義塾大学
(IRUDの業績として公表・既知遺伝子の新たな表現型)
過成長・骨格異常・薄い皮膚・退行を主徴とし、PDGFRB機能獲得性変異により発症する新規症候群を発見した。(Am J Med Genet A, 2017 Sep; 173(9): 2422-242)
ZTTK syndrome/Braddock-Carey syndrome
慶應義塾大学
(IRUDの業績として公表)
SON遺伝子変異による、認知障害や発達遅延、大脳皮質の奇形、てんかん、視覚障害、骨格筋異常、先天性奇形などを特徴とする認知障害症候群(Takenouchi T et al, Am. J. Med. Genet. 170A: 2587-2590, 2016)
Gabriele-de Vries syndrome
慶應義塾大学
YY1遺伝子による、精神運動遅滞、認知障害、摂食障害、顔異形などを特徴とする症候群(Gabriele M et al., Am J Hum Genet. 2017 Jun 1;100(6):907-925)